災害時のペット同行について

We commiserate with you over your serious damage from the typhoon.

この度の甚大な台風被害に心を痛めております。

この表現を覚えておいて下さいね。


台風19号で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く平常の生活に戻られることをお祈り致します。

 

>>こちらではかわいい猫が以下の説明をしていますよ

 

大型で非常に強い台風19号で、大きな被害を受けた東日本ですが、台風上陸の前日から避難所設置を決定、開設する自治体も多く、また利用者も多かったです。

いまも被災地で救助活動や復旧作業が続く中、ネット上では避難所の「ペット同行」問題をめぐり、議論が交わされています。

環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」がありますが・・・

避難所には動物が苦手な人や、アレルギーを持っている人もいることが想定され、ペットの受け入れ方については、最終的には各自治体や避難所に委ねられているため、「一回家族で行ってみたもののペットNGだった」「断られました」などという報告がSNSで出ていることからもわかるように、一部で混乱を呼んでしまいました。

一方で、さいたま市広報課の公式アカウントは12日、ツイッターでペットの同行非難を呼びかけており、飼い主から称賛を受けています。

ツイートによると、ペット専用スペースを設けたようです。

迎え入れにあたり、ペットのケージ、食糧などを準備するように促していました。

>>(文:J CASTニュースより一部引用)

4日前には長与千草さんが避難するペットのために道場を開放する!とTwitter で宣言されていましたね・・・。


いつも応援有難うございます。

ポチっとして頂ければ有難いです!励みになります!

⬇ ⬇ ⬇

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

コメントを残す